引越し当日の作業の流れ

引越し当日の作業の流れ

引越しのトラックが出発するまでにすること

引越し業者にお任せをすると言っても、立ち会う際に何もしないわけではありません。
スムーズに引越しに立会い、終了させるためにはちょっとしたことが大切です。
引越し当日、引越し業者に依頼している場合は指定された時間に引越し業者が来ます。
業者はプロですから、テキパキと作業がスムーズに行われます。
荷物が無くなった部屋から掃除をしていくと、後々楽ですね。
荷物をトラックに積んでから、部屋に忘れ物や運び残しが無いかの確認が行われます。
忘れものがなければ新居に移動することになるのですが、最後に電気のブレーカーを落とし、ガスの元栓を閉めましょう。
トラックの駐車で車の移動や協力をしてもらったご近所さんには、最低でも挨拶くらいはしましょう。

新居に到着してすること

新居に到着して行うことは、引っ越し業者のスタッフの誘導です。
大きな荷物をまず搬入することになりますが、この際にこの家具はこの部屋、この家電はここに置く・・・そのような誘導がしっかり行われないと、引越しの搬入がスムーズに行きません。
引越しに立ち会っている家族が数人いる場合は手分けするといいでしょう。
もし、部屋が多かったり誘導がしにくい場合は、大き目のダンボールに指示を書いて置いておくのもいいですね。
引越しの荷物の搬入が終わったら、ご近所さんに挨拶に行きましょう。昼間は自宅にいない人もいますが、いる人だけでも挨拶を終わらせておくと印象がいいでしょう。
特に子供さんがいる場合は、何かしら迷惑を掛ける可能性があるので最初の挨拶は肝心です。

引越し業者に頼むなら

正直、自分でトラックをレンタルして、すべての引越しをするのは、かなり大変です。相当な気合いが必要です。
また、荷物の少ない引越しでも、男手が2〜3名以上は必要になります。
なので、当サイトとしては、できる限り自分で用意をしたうえで、引越し業者に依頼することをおすすめしています。
引越し業者もいろいろありますから、必ず複数社に見積りをとってくださいね。
複数社に見積り依頼することで結果的に、かなり安くなりますので。
便利なのは、一括見積サイトです。無料で複数社に見積りをとる手間が省けます。
どれを使ってもいいのですが、大手と地元の引越し業者にバランスよく見積りをとるならこの一括見積サイトがおすすめです。

>>おすすめの一括見積りサイトはコチラ