トラックでの引越しQ&A

トラックでの引越しQ&A

免許は普通免許でOK?
免許取得日によって違う
レンタルするトラックを運転するには、どのような免許がいるのか?気になるところですよね。
平成19年6月以前にに普通免許を取得した人は、普通免許だけでも中型免許(8t)の運転資格があります。
それ以降に免許を取った人は、この特例がありません。
どうしてこのようなことになったのかと言いますと、平成19年6月に道路交通法の改正で車両総重量5トン〜11トンの車は中型自動車ということになったために、新しく中型免許というものができたからです。
旧普通免許にはこのような特典?があるのですが、なかなか8tのトラックを運転する機会は無いに等しいのが現実。
それ以降に普通免許を取った人は、5tまでのトラックは運転できます。単身引っ越しや二人世帯の引越しくらいの荷物の量は賄えるトラックは運転できるということになります。
普通免許でも引越しに使うトラックは5tまでOK
家族の引越しの場合はやはり大き目のトラックを借りることになりますが、平成19年6月以前の普通免許の取得者については8tまでは運転できるので余程のことがない限り、運転資格が無いということはないでしょう。運転資格より、気になるのは運転技術の方かもしれません。
もし、平成19年6月以降の普通免許取得者で、中型免許の車を運転したい場合は、免許を取らなければなりません。
費用も25万前後掛かりますし、日数も掛かるでしょう。また、この免許は普通免許を取得して2年以上経たないと受験資格がありません。
そうなると、大き目のトラックを諦めるか、道路交通法改正以前に普通免許を取得した人に運転してもらうしかないでしょう。
とはいっても、5tと言えば結構な荷物は積めます。いらないものを処分して引越しするようにすればあまり気にならないのかもしれません。
オートマ限定でも大丈夫?
トラックもオートマ限定車が増えています
オートマ限定免許でもトラックが運転できるのか?確かに気になりますね。オートマ限定免許というものができて20年以上になりますが、オートマ限定免許人口は増えています。
2001年時は3割以下だったようですが、2010年を超える頃から5割を超えるようになって来ました。
それは、車そのものがオートマ車ばかりになったということが挙げられますが、トラックはどうなのか気になります。
トラックについても、オートマ化が進んでいます。オートマ限定免許だからと言って、乗るトラックが無いというのは考えすぎと言えるでしょう。
しかし、小さな店舗や古いトラックしか置いていないようなお店ですと、オートマ限定のトラックが無い場合もあるかもしれません。
事前にしっかりとリサーチしておくといいでしょう。
限定解除する方法もある
トラックにオートマ限定車が無い、そう思っている人って結構多いようです。確かに、一般車と比べるとオートマ限定車はまだ少ないことは言えます。
しかし、自衛隊でもオートマ限定車が採用されていますし、オートマ限定免許を取る人の方が多くなって来たということから、これから先はオートマ車が増えて行くことは予想が付きますね。
とは言っても、オートマでないトラックがまだまだ存在しているのも現実としてあります。頻繁にトラックを借りて引越しなどをする可能性があるという場合は、オートマ限定の免許から限定解除をするという方法もあります。費用はだいたい5万円程度で数時間の講習が必要ではありますが、これでオートマ車以外のトラックも運転できます。
屋根ありと屋根無しどっちがいい?
トラックもいろいろ
トラックには、屋根ありと屋根なしがあります。屋根ありのトラックは、いわゆる引っ越し業者が使っているタイプのトラックになります。大きさも数種類あり、レンタル代金も大きさや借りる時間によって変わります。もちろん、大きな屋根ありトラックになれば代金が高くなりますが、大きな屋根ありトラックより使い勝手のよい小型や中型のトラックの方が需要があるようです。ですから、小型や中型が空いていないときに、同等の金額でやや大きめのトラックを借りることができる場合もあるのでこの場合はラッキーなのかもしれません。
やや大きめのトラックと言っても、中型免許を所有している旧普通免許所有者でも運転できるものが多いので、後は運転技術と少しの勇気さえあればいいでしょう。
屋根ありトラックの方が対応力がある
トラックのレンタル、屋根ありと屋根なしのどちらがいいのか?と悩む人が結構多いようです。
一般的に、屋根なしとなると軽トラックのようなものになりますから、単身世帯の引越しでは荷物は余程多くない限りは積めるでしょう。
ただ問題なのは、屋根なしトラック(軽トラックに多い)は、天候に柔軟に対応できないという点です。
予定している引越しの日が、雨天のこともありますし、強風が吹いているという場合もあるでしょう。そのようなときに、屋根なしトラックは荷物そのものに影響があったり、強風でビニールシートを被せていても吹き飛ばされそうになったりと問題が多発しがちです。ここは少し代金が高くついても屋根ありトラックでの引越しの方が余計なことも考えずに済みそうです。

引越し業者に頼むなら

正直、自分でトラックをレンタルして、すべての引越しをするのは、かなり大変です。相当な気合いが必要です。
また、荷物の少ない引越しでも、男手が2〜3名以上は必要になります。
なので、当サイトとしては、できる限り自分で用意をしたうえで、引越し業者に依頼することをおすすめしています。
引越し業者もいろいろありますから、必ず複数社に見積りをとってくださいね。
複数社に見積り依頼することで結果的に、かなり安くなりますので。
便利なのは、一括見積サイトです。無料で複数社に見積りをとる手間が省けます。
どれを使ってもいいのですが、大手と地元の引越し業者にバランスよく見積りをとるならこの一括見積サイトがおすすめです。

>>おすすめの一括見積りサイトはコチラ